2016年01月11日

写真募集&自然との共存を目指すマリーナ

マリーナ河芸では、ボートやヨットまたは田中川干潟から見るマリーナと、野鳥がコラボレーションしている写真を募集しております。
ご応募いただいた写真は、順次マリーナ河芸内のフォトギャラリーに展示させていただきます。

●募集期間 2016年1月〜2月末日
●展示期間 2016年2月〜4月末日

●募集画像 「マリーナと野鳥」または「船と野鳥」 ※おおむね1年以内に撮影したものでお願いします。
        画像はJPEG形式のみで、2MB以下でできるだけ大きなサイズでお願い致します(または現像したもの)
        合成などの加工を施したものはご遠慮ください。

●応募方法 画像を添付し、下記内容とともにメールにてお送りください(またはマリーナまでお持ちください)
        お名前/ニックネーム/年齢/住所/電話番号/撮影日/タイトル(15文字以内)
        写真についてのコメントがあれば500文字以内。

        1メールにつき1点で、下記メールアドレスまでお送りください。
        info@marina-kawage.co.jp (メールのタイトルは「マリーナと野鳥 応募写真」としてください)

●その他  不適切と思われる画像については、展示または使用を控えさせていただきます。
       著作権、肖像権、プライバシー等の侵害がないようにご配慮願います。

気軽にご応募ください。お待ちしております。
「桟橋でくつろぐカモのペア」
P4291387.jpg

「自然との共存を目指すマリーナ」

マリーナ河芸では、河芸町漁協と連携し、宿泊研修で訪れる子供たち、セイラビリティ河芸の会員、
地元漁業者、地域住民、ボランティアの方々の協力を得て、干潟の保全活動やビーチクリーン活動に取り組んで参りました。
マリーナの南側に隣接する田中川干潟をはじめとし、マリーナ近郊では四季を通してたくさんの動植物を見ることができます。
干潟に生息する希少生物の保護、野鳥やウミガメの産卵地の保護、またスナメリ(小型のイルカ)やウミガメによるビニール等の誤植を防ぐため、定期的な保全活動が必要と考えております。
応募写真は、そんな活動を紹介させていただくにあたり、ホームページやリーフレットで使用させていただきます。

P1014553.jpgP1060499.jpg
2015.11月 田中川干潟の保全活動の様子と、集まったゴミ

DSC_0008.jpg
打ち上げられたスナメリの死骸。
写真は2009年のものですが、2015年8月にも打ち上げられました。

posted by marina at 15:31| Comment(0) | 日記